【20代】はじめての転職で重要なこと

こんにちは。

 

今回は20代ではじめて転職しようかな。

 

そう考えている人に向けて記事を書きたいと思います。

 

大学卒業後、新卒で入社して2~3年最初の会社で働くと色々会社の事や業界の事が分かってきますよね。

 

もちろんその会社や業界に満足しているなら問題はありません。

 

でも働いてみて「この会社に向いてない」、「自分が入った業界自体に興味が持てない」

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

でも最初から自分に向いている会社や業界を探すのは難しいですよね。

 

会社も業界も自分が入ってみて初めて分かることだらけですから。

 

それではそんな20代ではじめて転職を検討している方が抑えておくべきポイントをまとめました。

 

業界をしっかり選ぼう

もし新しい業界にチャレンジするならば20代であることは有利に働きます。

 

20代で未経験の場合と30代で未経験では圧倒的に20代で未経験の方が採用される確率が高まります。

 

つまり自分が次に転職する業界で一生仕事をしていくことになるかもしれません。

 

30才前後の時点で働いている業界から大きくキャリアチェンジするのは年齢的に厳しくなります。

 

30代以降も同じ業界内であれば転職は可能

20代の内に自分が働きたい業界内にさえいれば30代以降同じ業界内での転職は可能です。

 

同じ業界内での転職であれば「経験値」に価値が出てきます。

 

また同じ業界であれば業務内容の大きな流れにそんな違いはありません。

 

スムーズに新しい職場への転職が可能です。

 

転職するたびに年収を上げていくことも容易です。

 

業界に精通していて即戦力になる人材はどの業界も必要としています。

 

つまり

会社よりも業界を重要視して転職活動をする

これが重要です。

 

転職活動はタイミングにも大きく左右されてしまいます。

 

自分が転職活動しているときに転職希望の会社でそもそも募集が無かった。。

 

そんなこともよくあります。

 

そんな場合も同じ業界の別の会社に入社してスキルを磨いてさえいればチャンスが巡ってくるはずです。

短期的な業界トレンドに騙されるな

各企業が人材を募集する場合は

・増員

・欠員補充

この2パターンです。

 

増員する場合は「業界全体が伸びているパターン」「その会社だけが伸びているパターン」があります。

 

業界全体が伸びている場合はもちろん同じ業種の会社の人材募集も多数みかけるはずです。

 

しかし時代には流れがあります。

 

今は調子の良い業界でも数年後どうなるか分かりません。

 

今その業界が調子が良いからという理由で入社するのは危険です。

 

転職活動をはじめるタイミングによって各業界の好不況は変わります。

 

本当に自分が長年働きたい業界なのかじっくり考えて行動してください。

 

まとめ

今はコロナで飲食業や観光業が大ダメージですね。

 

これが短期的なトレンドで終わるのか長期的なトレンドで終わるのかは誰にも分かりません。

 

もし短期的なトレンドで終わると考えるのであれば今のタイミングで飲食業界や観光業界に飛び込んでみるのもアリですよね。

 

今の大変な時期を経験しておけば他の問題は大したことないように感じるかもしれません。

 

逆に貴重な経験になります。

 

20代ではじめての転職活動を検討している方は「自分が今後働きたい会社」を検討する前に

「自分が一生働きたい業界」をぜひ考えてみてくださいね。

 

では。